excitemusic

のんびりまったり
by dream-destiny
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


特攻

最近、撮ったはずのSSが保存されていないことが多い。
一体なんなんだろうか。原因を追究せねば。


さて、先日の夜、気付けば97%。
ソロして上げるか、と考えていれば目の前に移ったのはエトナのアサ。
どうやらニブル帰り。装備変更も面倒らしいのでそのままニブルへと。

開始早々、10匹は越えるであろうMHに遭遇。
命の危険を感じながらもマステラとサンクを駆使し突破。
丁度30分ちょうど、めでたく95達成。


そしてエトナと解散し、念願の生体3Fへと乗り込んだ。
なんか細かく書くのも悲しいので簡潔に。
死亡10回、デスペナ0%、青石消費80個、Snip1体のみ撃破。
もう行くことはなさそうな・・・そんな気がする。



闇が接続するような気配がないのでふらりふらりと臨広場で漂う。
と、Miseryさんの所で有名なVinさんと呼ばれる人を発見。
「上手いと評判の支援を見てみたい」との事なので。お城へと。
誰だ、そんな嘘っぱちを流しているのは。

さて、狩りの様子。これはいつも通りか。
私がまとめて北or東の壁、もしくはレイドアチャの近くに止まりサフラを落とす。
SGの間はヒールで耐えて、発動後はMB等を用いて割り殲滅。

今回初めて実践したこと。
ちょこちょこと試験的な形で使ってみたが、HLによる氷割り。
詠唱時間があるというデメリットはあるが、即行動出来るというメリットが大きく。
主に活躍したのは、レイドアチャ+レイド等1匹、計2匹の処理時。
今までならレイドにリカバリをかけて、そしてキリエの更新に移る。

ただしリカバリのディレイは2秒、その間は足を止めるしかなく。
なのでSG発動直前にHLをレイドに向けて。
詠唱が終わった瞬間に、己にキリエをかけなおす。
そうすればキリエ更新が終わる少し前に敵が殲滅され。
良いペースを崩すことなく、かつ安全に次へと移ることが出来る。
今回は試験運用だったが、次回は積極的に色々と工夫をして。


では、今回の反省点。
1、いつも通りの支援切れ
  ブレス・IA・マニピが切れることはしょっちゅう。
  すぐかけなおせばいいが、ブレスや相手のIAが切れてるまま進んでしまったこともあり。
  相手のIAは己の観察不足だが、ブレスについては・・・。
  現在、杖・ロザリオ・クリップ持ち替えを慌しく行なっている為ログは流れ。
  本当に癖をつけなくてはいけないな。訓練しよう。

2、サフラの正確さ
  Vinさんは反応が早く、私が足を止めたとほぼ同時にSG詠唱開始する。
  落としたサフラは間に合わず、通常の詠唱速度のままで。
  移動中にサフラ2を落とすことをせねばいけない。


さて、死亡者は私が1回・Vinさんが2回。うち決壊が1回。
Vinさんの死はどちらも拉致によるもの。
一回Vinさんが拉致られ、二回は私が拉致られる。

敵をまとめることに失敗し、SGをしても割り切れることは出来ず。
また余裕もなかった為にWiz側にキリエを怠ったのが原因。
強引に開始したSG、Wizに密着する禿。拉致された先で死亡。

二回目、これはSG待機中。
1セル開けさえすれば免れた拉致。深淵横沸きも手伝ってVinさん死亡。
救出しようとするが、5~6匹に殴られ、強引にサンクを唱えるも深淵乱入。
耐え切れず死亡。決壊。


収穫は村正とsメイル、そしてエルが9個と上々。

清算中、上手いと言ってくれたVinさん。しかし私はそう思わない。
今回みたいに城ではよくありえる事件。
それすらも乗り越えて死者を0にする、それこそが上手い支援なのではないか、と。
いつかそんな支援になりたい、最近とてもそう思う。
[PR]
by dream-destiny | 2006-04-11 02:37 | なんでもない日記
<< 暇 停滞 >>